2008年 08月 25日

・:*:・福山物語・:*:・



その後、福山をどんな風に激写しようかと思案しておりましたがとりやめました。

(その訳は、moreをご覧下さい。)

なので、初日の写真を2枚

e0127416_1734011.jpg


e0127416_17342717.jpg



ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願い致します。人気blogランキングへ

“福山物語”は、かなりオーバーで長いです( ̄∀ ̄*) b
お時間の許すお方、おバカに優しい方のみご覧下さいね♪





福山物語

   ~福山からのメッセージ~


福山が我が家にやってきた翌日、アケポは今日もカッコイイ福山を撮ろうと意気込んでいた。
次女のパピコも来客用に用意したガラス容器の水を換え、濡らした紫陽花の葉っぱでベッドメイクを施し
朝のひとときを福山と楽しそうに過ごした。

昼食を終えたパピコは、いつものように部活へ出かけて行った。
食事の後片付けを済ませ一息ついたアケポの脳裏に、あるアイディアが浮かんだ。
10日ほど前にモデルになってくれたカーエルサンダーソン君が、玄関の植物の葉に居座っており
毎日挨拶を交わすだけではあったが、彼も我が家のペットになっているのかもしれない。
そうだ、カタツムリとカエルの夢の共演を実現させよう。。。。。
カーエルサンダーソン君はあっさりとガラスの空き瓶に入ってくれたので、いっしょに福山の元へ・・・
その時アケポの目に入ったのは、水の中で逆さまに転がっている福山だった。
身の部分は殻の中にぎっしりと詰まった状態で動く様子もない。
カタツムリといえども、水に浸かってしまってはまずいのかもしれないと思い、
まずは紫陽花のベッドの上に置いてみた。
ゴロっと転げ落ちる。また救出するもゴロっと転げ落ちる。
何度繰り返しても同じこと。
仕方がないので、3枚の葉っぱの間に固定しておいて様子を見ることにした。

そういえば、、、連れて来たカーエルサンダーソン君はどうしてる?
あ、、、この目は・・・

e0127416_17551948.jpg


「アケポ!お前のせいだぞ!」
そう訴えている目だ!
今まで見せてくれた可愛い表情が一転して、力を込めてレンズを睨んでいる。
アケポは大慌てで玄関の葉っぱにカーエルサンダーソン君を戻した。
「ごめんね悪かったよ。シクシク」


それからしばらく時間を置いて福山の様子を覗いてみたが、体が殻から出てくることはなかった。


写真を撮りたいがために昨日のうちに元の場所へ戻さなかった自分をアケポは責めた。

部活から帰った娘が、この福山の姿を見たらどんなに悲しむだろうか、、、
娘もまた自分を責めるに違いない。私が「かわいそうだから逃がしてあげなさい」と言わなかったばっかりに・・・

アケポは神様にお願いをした。もう二度と昆虫を捕獲して写真を撮ることは致しません。
だからどうか福山を生き返らせてください。

知っているはずなのに、、、、、、
死んだものは生き返らない。だからこそ尊い命なのだと。

なす術もなく、福山に詫びながら仕事場へ行き、お父へ告げた。
しんみりと「かわいそうかことばしたね」の一言が重くのしかかる。
ドンヨリとした気持ちでパソコンに向かっていたが、脱力感ではかどらず
庭をウロウロしてみるも落ち着かず・・・
嘘であってほしい、嘘であってほしいと何度も思う。
ひょっとしたら生き返っているかもしれない!
そんな愚か事を考えながら、アケポはもう一度、福山の来客室へ向かった。


祈るようにサランラップの扉を開いた。


ありゃ?・・・生きてる

っていうか、生き返った???

やっほ~!神様ありがとう


いやいや、これは福山の演技だったに違いない!
ここまで人間に死んだと思い込ませるとは迫真の演技アッパレである。
ようやくアケポも平常心を取り戻し、のほほんと池のほとりでトンボを撮っているお父を眺めていた。

程なくパピコが帰宅。
事情を話すときっぱりと言った。
「わし、元の場所に返してくるっ!」(パピコは、うちの中では自分のことを“わし”という)
きびすを返すと例の来客室から大切そうに福山を手のひらにのせ戻ってきた。

e0127416_17594354.jpg


なぜか福山は、娘の手に乗ると身を乗り出しヌメヌメとよく動く。

e0127416_17575995.jpg


よし!まだ元気だ。大丈夫。パピコは裏手の神社へと向かった。

e0127416_17525665.jpg



例年になく連日の夕立で、カタツムリにとっては過ごしやすかったであろうこの夏。
なのにここへきて久しぶりに2日連続でお湿り無しの天気だったため、
神社周辺はカラカラに乾ききっていた。

e0127416_17533282.jpg



元の場所は逆に危険だと判断したパピコは、やむなく福山を連れ帰った。
池の脇にたっぷりと水を掛け、そこで福山にお別れをする事にした。
少し戸惑ったように動かなかった福山だったが、濡れた葉っぱに触手を伸ばし、
行き先を探りながらゆっくりとゆっくりと歩き始めた。

e0127416_17541154.jpg


アケポとパピコにメッセージを残し去っていく福山は、やはりカッコ良かった。
しかし、最後の姿をブラしたアケポは、やはりカッコ悪かった。チャンチャン♪



自戒の念と福山との出会いを残しておきたくて、今日は物語にしてみました。
駄文、長文、大変失礼いたしました~ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
[PR]

by akepot | 2008-08-25 18:18 | animal


<< バーベナ      次女のペット >>