Photo cooking

akepot.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 22日

ドロ神父




e0127416_14194560.jpg


先日実家へ帰る際、ちょっと遠回りをして

「隠れキリシタンの里」である長崎市外海町にある『遠藤周作文学館』と『出津(しつ)教会』に立ち寄りました。

写真は、明治12年に主任司祭として外海町に赴任してきたフランス人宣教師マルコ・マリ・ド・ドロ神父の像です。

ドロ神父は、貧しく質素な生活を強いられていた外海の人々のために、出津教会を建て、変岳の開墾を指導し、

イワシ網工場や上浦上水道を建設、保育所やド・ロ診療所の設立などの多くの事業を起こし、

外海の人々と共に働き、魂の拠りどころとしてキリスト教を布教しました。

また外海町は、遠藤周作氏の代表作『沈黙』の舞台となった場所でもあります。

残念ながら、小説の中に出てくる赤レンガの黒崎カトリック教会へは行けなかったので

次回のお楽しみということにしました。


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願い致します。人気blogランキングへ




e0127416_14471229.jpg


県指定文化財・出津教会

この教会は、明治初期の建造物であり、建造から二回の増築までド・ロ神父の設計施工によるところに大きな意義があり、

各所にド・ロ神父独特の手法が見られます。

ド・ロ神父の偉業の一つであることなど文化財としての価値が高い教会です。

                                   外海町教育委員会
[PR]

by akepot | 2008-12-22 14:52 | その他


<< 聖母マリア      燃える男のトラクター >>