Photo cooking

akepot.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 17日

精霊流し ~レポート~



今朝頂いたコメントで初めて知ったのですが、長崎の精霊流しのイメージはさだまさしさんの曲のイメージそのものになっているようです。
あの曲は「賑やかさの奥底にある哀しみを描いている」そうですが、そりゃ、暗~いですしね~、、、そんなイメージになるのも頷けます└( ̄▽ ̄*)

せっかくですから、精霊流しに関する簡単なレポートを書いてみました~♪

e0127416_1622425.jpg


ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願い致します。人気blogランキングへ



昔の長崎人は、整然と静かに精霊様を送っていたそうですが、昭和30年代以降はお祭り騒ぎの様相が濃くなり、爆竹を轟かせ、打ち上げ花火を上げながら、ときには精霊舟を回すというパフォーマンスを交えながらの激しくも賑やかなイベントとなっていました。思えば、私が子供の頃がピークだったかもしれません。
e0127416_16473444.jpg


毎年提灯による船の火災や負傷者がでるため、近年では規制も多く、警官隊があちらこちらで警備されているので一昔前ほどの迫力はなくなったように思います。

ですが、お祭り騒ぎとは言っても、故人の霊を船に乗せ、極楽浄土へ送り出す仏教の行事ですから、その狂騒の根底には物悲しさや厳かさは常に感じられます。
e0127416_16402380.jpg


初盆を迎える家では、1ヶ月ほど前から家族や親戚、親しい友人などが集まり、
精霊船を自分たちの手で造りあげます。
e0127416_16111313.jpg


生前好きだったものや所縁のあるものなどをモチーフに作られた精霊舟「変わり精霊船」や、
子供の精霊舟かと思われる(ペットのもあるらしい)小さい可愛い船もあり、
自治会など地縁組織が合同で出す「もやい船」などの大きい船もあり、見ごたえがあります。

e0127416_1625282.jpg

子供の精霊舟でしょう・・・

e0127416_16251565.jpg

たぶんペットでは?・・・せっかくポーズしてくれたのにブラしてゴメンネ

e0127416_16254388.jpg

樺島町のもやい船

さだまさしさんの曲「精霊流し」と灯篭流しの情景を結びつけてイメージしている方は多いようで、
長崎の精霊流しを実際に見た方が、その賑やかさに驚かれることは少なくないのだそうです。

ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックお願い致します。人気blogランキングへ
[PR]

by akepot | 2007-08-17 16:42 | a view


<< ・:*:・ほのぼの系・:*:・      精霊流し >>